だろだっでにだーなーなら。

当ブログでは、ゲームを中心とする雑多なものを綴りますが、画像やリンクなど全てにおける無断使用を禁止しています。又、無断や承認を問わず使用によって被害を受けたり、誹謗中傷など荒らし行為があった場合、個人を特定して損害賠償を求めると共に、その際に要した弁護士や探偵などに関わる費用の全てを請求する事にします。

ワンダーランズ~タイニー・ティナと魔法の世界/日記4

f:id:nantokadanbee:20220408075112p:plain

 

 

 

現在、チャプター8のボス戦まで進み、ストーリー2/3程度のところ。

これはもう詰んだと言えるような状況であります。

と言うのは、攻撃力が弱過ぎて中々削れないのに、シールドの回復が早く全く追い付かない。

レベルを上げれば済む問題では無く、強力な武器を得る以外に成す術無し。

ここまで進めて来ましたが、疲れもありますので中止します。

待望のレジェンダリードロップに遭遇して満足。(笑)

 

 

 

疲れた要因ってのがこれでして、3連続だった訳ですよ。

てっきりバグだと思っていたのですが、回答を頂き仕様だった事が判明。

ここだけで数十回ものリトライで嫌気が差したのもあり、

これまでのボス戦が1回だったのを踏まえて。

 

 

 

ストーリークリアまで到達していませんが、ここまでの段階での感想と評価について。

◎ストーリー ★★★☆☆(星3つ)

序盤こそベタな展開で盛り上がったものの、現在では盛り上がりに欠けているが、

最終的にどうなるのか分かりませんので、中間点での評価ポイント。

 

 

 

◎ゲームバランス ★☆☆☆☆(星1つ)

これは悪いと言わざるを得ません。

本作に限らずだが、ハクスラ系のゲームは運任せの要素が強く、

しかも販売されている商品も時間経過で内容が変わる。

又、レベルを上げてもクエストレベルも上がってしまい救済措置が少ない。

 

魔法攻撃による爽快感も序盤だけであり、ただしカンスト(レベル40)では異なるらしいが、

マシンガンのように連射出来る強い銃を手に入れると難易度が変わってしまう。

結局、FPSが根底にあるから、銃でHPを削るのが有効であり、

むしろそれが手に入らないと厳しい展開を強いられてしまうバランスの悪さ。

 

チェックポイントは設定されているが、必ずしもそこがファストトラベル出来る訳では無く、

ひとつのクエストをクリアするのに、4時間5時間と時間を要する。

最悪の場合、入口と出口だけなので非常に利便性が悪いので途中で止められない。

 

やる事は近接攻撃にしろ、遠距離攻撃(銃や魔法)にしろ、ドンパチやるだけの単調なもの。

スナイパーライフルもあるだけに、もっとステルス要素だとかが欲しい。

ただまあ、ヒャッハーやるのがウリであるからして、仕方ない部分もあるけど。

 

装備品についての説明文の意味が分からない事がある。

単語説明とかの一覧があれば良いのだが、それが無いので非常に困る。

シリーズ経験者が前提で作られている背景が感じられる。

 

 

 

◎グラフィック ★★★★★(星5つ)

アニメ調なのが幸いしてか、他と比べても見劣りする感じは全くありません。

これがリアル調だと、肌の質感とかで大きな差が生まれてしまう。

 

 

 

ローカライズ ★★★★☆(星4つ)

日本語音声もあり、不安材料だった字幕も大きくて良い。

日本語訳も問題無く、不自然さは感じられない。

しかも『モチのロン』とか昭和時代の訳(言葉)もあり、原文が気になるくらい。(笑)

それくらいのニュアンスだったのでしょうけど、きっと上手く訳されたのだろうと思いたい。

不満点を挙げるとすれば、単語の途中で行が変わって読み難く感じるが、

これは機械的に一行に入るだけで改行されているからだろう。

手作業で確認しながら改行すると、非常に手間が掛かるので仕方ない部分ではある。

 

 

 

こんな感じでの評価点となるが、これを鵜呑みにしないで欲しい。

人間の感性なんて様々であり、その人それぞれが感じた事は正しいのであるからして、

良く見掛けるのが、どこそこの評価点が低いから買わないなどと言う人。

それが100点だろうが、0点だろうが、気になるんだったら自分の目で確かめる。

勿論、金銭面の理由で様子を見るのは仕方ないけど。

兎に角、俺が言いたいのは、

”ゲームの評価は周りが決めるのでは無く、自分でプレイして決める”

それが一番大事MANブラザーズバンド(完)