だろだっでにだーなーなら。

当ブログでは、ゲームを中心とする雑多なものを綴りますが、画像やリンクなど全てにおける無断使用を禁止しています。又、無断や承認を問わず使用によって被害を受けたり、誹謗中傷など荒らし行為があった場合、個人を特定して損害賠償を求めると共に、その際に要した弁護士や探偵などに関わる費用の全てを請求する事にします。

FINAL FANTASY XIII-2/日記2

 

 

 

前回の日記から暫く経ちましたが、投げ出した訳ではありません。

他のゲームを優先していたのと、ゴールデンウィークで時間が取れましたから、

ここらで一気にプレイしようかと・・・そんな思いで無事にクリア達成。

以前にプレイした時は、ラスボスが倒せなくて断念したと、

前回の日記にて説明していますので、まずはそちらから読んで下さい。

 

 

 

ラスダンに入ってから4時間。ラスボス4連戦の最終戦では1時間。

まさに死闘を繰り広げたと言えるような状況でした。

今度こその思いで、やってやったぜ!

何年越しになるのか分かりませんが、クリア出来た事に感慨も一入(ひとしお)です。




これは余談なのですが、このライトニングさんシリーズでは、

”政府”聖府と書いていたのに間違えている。

こんな事なら当て字を使わず、最初から普通の漢字を使えば良いんだよ。(笑)

 

 

 

◎ストーリー ★★☆☆☆(星2つ)

前作から引き続いている『ファルシのルシがコクーンでパージ』のままであり、

しかもタイムトラベルになっていますから、分かり難さが増した印象。

更には、噂の『To Be Continude...』エンディング。

次回作ありきで、話しが完結しないままで終わるのは良いとは思えない。

 

 

 

◎ゲームバランス ★★★☆☆(星3つ)

雑魚戦でさえも無駄に硬く、全力で倒しに行かないとダメだった前作と比べると、

その点で言えば、かなり良くなっています。

しかしながら、ラスダンなども含めて、非常に面倒臭いダンジョン攻略あり。

 

 

 

◎グラフィック ★★★★★(星5つ)

これでケチを付けたらバチが当たるくらいの素晴らしさ。

あくまでも当時のグラフィックとしてですが。

どっかのゲーム会社では、未だにPS2(3世代前)のグラフィックレベル。

そんな事を思えば、現在でも十分過ぎるくらい通用する。

 

 

 

個人的には、それなりに楽しめましたけど、オススメするようなゲームではありません。

やっぱり『ファイナルファンタジー』と名の付くゲーム全てにおいて、

クセがあったり、余計な事をしたり、また逆に足りなかったりで・・・うーむ。

どーしても”糞ゲー”の印象が否めない。

唯一褒められるのは、セラのおっぱいが大きくなり、セクシーコスチュームに身を包み、

セクシャリティーが増したのが好都合かなぁ~と。(完)