だろだっでにだーなーなら。

当ブログでは、ゲームを中心とする雑多なものを綴りますが、画像やリンクなど全てにおける無断使用を禁止しています。又、無断や承認を問わず使用によって被害を受けたり、誹謗中傷など荒らし行為があった場合、個人を特定して損害賠償を求めると共に、その際に要した弁護士や探偵などに関わる費用の全てを請求する事にします。

Horizon Forbidden West/日記1

 

 

 

あのー、このゲームをプレイしている皆さんは、ちゃんと内容を理解していますか?

カタカナばっかで・・・ワケワカメ。(笑)

だって、あれだよ。ガイアのハデスとミネルヴァはゼロドーンみたいな。(笑)

ファルシのルシがコクーンでパージと同じやんけー!(笑)

 

 

 

それなのに、糞ゲーどころか、神ゲーとまで言われている。

あっちとの違いは何だろうか?やっぱりオープンワールドと機械獣の世界観だろう。

それでもだよ。木の枝を集めて矢を作り、それで機械獣を倒せる。

そんな木の枝で鉄の固まりを撃ったところで、痛くも痒くも無い筈なんだが?

 

 

 

あっちは、一本道だとか、お店で買い物出来ないとか、あの戦闘方法だろうね。

コマンド方式なのに、アクションたらしめている要因ってのは、

気ばっかり焦ってしまい、自分でも何をやっているのか訳分からん状態に陥るから。

それに、雑魚敵でさえも全力で挑まないと死んでしまう。

 

 

 

ちょっと話しは変わるんだけど、少し前の事である。

桝田省治さんが”ストーリー重視のJRPGはオワコン”みたいな事を言ったらしい。

その理由ってのが”動画配信などでネタバレされる”から売れないとか。

俺の屍を越えてゆけ2』の発売が近付くと、メディア露出が多くなっていて、

俺の言う事だけ聞いてやれば良い!そんな風に思えてしまった。

だからなのか、前作では評判が良かったのに、糞ゲー評価で落ち着いてしまった。

 

 

 

むしろ逆だよ。洋ゲーオープンワールド系で良く見られるような”物量勝負”がある。

テキスト量が膨大だったり、サブクエストや収集要素などのマーカー類。

ボリュームの意味が間違っていて、これじゃあ、どっちがメインなのか分からない。

そんなんだから”いつ観ても同じような内容”だから飽きられる。

 

 

 

それがストーリー重視だったらどうか。先の展開が気になるから観たくなる。

これを名の知れた人が配信すれば、無料で宣伝してくれる恩恵は大きい。

内容が良ければ”自分でも体験したくなる”から買うんだよ。

ただまあ、内容が悪ければ、買わなくて良かったってなるけどな。(笑)

 

 

 

話しが逸れたので、ここらで閑話休題

とりあえず、3つの副次機能(アイテル・ポセイドン・デメテル)の回収に行くべーやと。

ここまでプレイした感想としては、正直な事を言って微妙かなぁ~と。

その理由として、冒頭で書いた通り、ストーリー内容を把握出来ておらず、

だからクエストをやっていても、何でやっているのか?

それがあるので”やらされている感”が強くなり、面白味に欠けている。

 

 

 

それと、ダンジョンへ入ると謎解き要素が強く、何となく『トゥームレイダー』っぽい。

謎解きだとか『トゥームレイダー』は好きなんだけど・・・似て非なるものである。

こーゆーゲームがやりたかった訳でも無く、予想と違って・・・うーむ。