だろだっでにだーなーなら。

当ブログでは、ゲームを中心とする雑多なものを綴りますが、画像やリンクなど全てにおける無断使用を禁止しています。又、無断や承認を問わず使用によって被害を受けたり、誹謗中傷など荒らし行為があった場合、個人を特定して損害賠償を求めると共に、その際に要した弁護士や探偵などに関わる費用の全てを請求する事にします。

Horizon Forbidden West/日記2

 

 

 

世間様が言うほど、そんなに面白いゲームじゃないと感じ、中止する事にしました。

そこは勿論、人間の感性なんて様々ですし、得手不得手もありますから。

前回の日記でも書きましたけど、ストーリーに入り込めない。

俺自身の理解力の問題なのは言うまでもないが、それだけに留まらず。

 

 

 

◎ストーリー ★★☆☆☆(星2つ)

カタカナ云々は置いといて、本作に限らず、洋ゲーのストーリーは頭に入り難い。

そこはやっぱり翻訳の問題もあり、これが酷ければ尚更の事。

本作では、そこに不自然さは感じないのだが、原文からして問題がある。

無駄に長い会話シーンに始まり、そこが回りくどいから。

それを意訳すれば良いのに、バカ丁寧に全部訳すから長いだけでテンポが悪くなる。

 

 

 

◎ゲームバランス ★★☆☆☆(星2つ)

こちらも本作に限らず、洋ゲーで良く見られるRPGの成長要素。

強化するには、スキルや装備品になるのだが、主に装備品依存なのが伺える。

レベルが上がっても体力(HP)だけだから、強くなった感じがしない。

弓(矢)での攻撃がメインなのだが、上記したように装備品依存が大きく、

チマチマとダメージを入れるのは時間が掛かり、槍で攻撃した方が早い。(笑)

 

 

 

◎グラフィック ★★★★★(星5つ)

素晴らしいの一言。ケチを付けるようなところはありません。

 

 

 

ローカライズ ★☆☆☆☆(星1つ)

相変わらず意味を間違えているし、手抜きでしかない。

地域の特性に合わせるのがローカライズであって、日本語化としか考えてない。

大きな問題は字幕などの文字の大きさである。

英語などであれば1つの文字は小さいけど、日本語は漢字仮名混じり文。

字幕の大きさ変更はあるものの、元々備わっているところに入れただけだから、

どうしても窮屈になってしまうのに、日本語に合わせて拡大させてない。

 

 

 

前作と同じように、ストーリーは本作で完結せず、3部作との話しもある。

オープンワールドで空を飛べるゲームは見掛けないので、楽しみだったのですが、

そこへ行き着くまでの道のりに耐えられずと言ったところ。(完)