だろだっでにだーなーなら。

当ブログでは、ゲームを中心とする雑多なものを綴りますが、画像やリンクなど全てにおける無断使用を禁止しています。又、無断や承認を問わず使用によって被害を受けたり、誹謗中傷など荒らし行為があった場合、個人を特定して損害賠償を求めると共に、その際に要した弁護士や探偵などに関わる費用の全てを請求する事にします。

ゲームメーカーに物申す。

 

 

 

以前から”ゲームは昔の方が面白かった”などと良く言われているが本当なのだろうか?

自分が歳を取ったから、そんな風に感じるのでは無く”本当”だと言える。

その根拠を述べて行きたいと思う。その前に・・・まずはこちらを読んで頂きたい。

 

 

 

何を言いたかったのか・・・それは”物量勝負”についてなんだが、

日本人は”細かいのは好きだけど面倒なのは嫌い”だから、膨大なテキストは読まない。

それにマーカーだらけで作業感が強い事が挙げられる。

又、ストーリー性が薄く、そこに拍車を掛けているのが分かるだろう。

当然の事ながら洋ゲーであるからし”日本人向けに作ってない”のも事実である。

 

 

 

じゃあ”和ゲー”はどうなのかと言えば、世界同時発売が当たり前になり、

海外を意識するあまり”和ゲーでも海外優先のプロモーション”展開をするようになり、

かと思えば、絵的に”極々一部向け”だったりして”日本が疎か”になっている。

 

 

 

そのような傾向が見られるのは、PS3の時期に洋ゲーの影響を受け出し、

PS4では、完全に洋ゲーが取って代わるように。

そのPS4が発売された当初、洋ゲーばかりが目立ち、和ゲーは少ない。

かく言う俺自身も、PS4洋ゲーに触れる機会が多くなり、

最初は馴染めなかったのだが、段々と面白さに気付き、プレイする機会が増える。

 

 

 

で・で・で・・・PS4が発売された当初、洋ゲーばかりが目立つと書いたが、

洋ゲーと言えば・・・ドンパチやったり、残虐なイメージが強い。

そこで・・・どっかのプロデューサーが言っていた。

PS2の棚とPS4の棚を見比べPS2の時代はゲームとして面白くて良かった”と。

更には、こんな風にしてしまったのは”我々作る側に責任がある”とも。

 

 

 

まさに、それ!ゲームとしてのピークはPS2の時代まで。

 

 

 

そこには、面白さ。楽しさ。それらが詰まっている。

ここでまた話しが戻るが、ホライゾンの日記で書いた、桝田省治さんの件。

ストーリー重視はオワコンだの何だのと・・・うーむ。

これが面白い。楽しい。だからこそ”昔の方がゲームは面白かった”点である。

 

 

 

日本人の、日本人による、日本人のためのゲーム!

 

 

 

これを思い出して欲しい。オープンワールドが飽きられたんじゃない。

ストーリー性が薄く、作業感が強くなるから洋ゲーはオワコン”とも逆に言える。

もっと中身の濃い、充実したゲームを作ってくれ!

まあ、これは俺が日本人であり、ストーリー重視で考えているからでもあるが。